Q

レーザーで空中戦も! スター・ウォーズのドローン4機種が登場

7月15〜17日にロンドンで開催されたイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で、「ミレニアム・ファルコン」をはじめ、同シリーズの映画でおなじみの宇宙船や戦闘機のドローンがお披露目された。

この秋「STAR WARS BATTLE QUADS」として米プロペル社(PROPEL)から発売されるのは「74-Z スピーダーバイク」「ミレニアム・ファルコン」「T-65 X-ウイング・スターファイター」「TIEアドバンストx1」 の4種類のドローン。

最高時速60km、空中バトルを楽しめるクアッドコプター

これらは4つのプロペラが機体の下部に配置されたクアッドコプターで、大きさは手のひらサイズ。最高時速は60kmで始動から4秒でトップスピードに達することができるという。

専用のコントローラーでドローンを操縦し、レーザーを発射することができるので、お気に入りのスター・ウォーズの機体を操って友達と空中でのバトルを楽しめる。 プロペル社が YouTubeにアップした映像では、まさに映画の中のシーンさながらにそれぞれのドローンが飛行する様子を見ることができる。



コントローラーには機体に応じて、帝国軍または反乱同盟軍の紋章が入っているのもファンにはうれしいところ。ドローンとして飛ばさないひとにとってもコレクターズアイテムとして満足できるように、機体やパッケージはディテールにこだわったつくりになっているようだ。

映画のシーンを再現できるファン注目のドローン

予約は公式サイトで受付中。現時点では価格は発表されていないが、300ドル前後となる見込みだ。販売ライセンスの関係で、現在販売されているのはヨーロッパ、中東、アフリカ。アメリカでの販売については交渉中とのこと。日本での販売は未定。

「STAR WARS BATTLE QUADS」の登場により、スピーダーバイクで森の中を駆け抜けたり、ハン・ソロのようにミレニアム・ファルコンを飛行させたりと、多くのファンが長年の夢をかなえることになりそうだ。

価値観を変えるシゲキメディア

TAGS

SHARE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『Catalyst』をフォローしよう!