過剰なモノを捨てる、アーユルヴェーダ・リゾートホテルで過ごす休暇のススメ

2017.1.19

ゴールデンウィークや夏季休業、長期の休暇を利用して海外旅行を楽しむ人が多い。休暇で日頃の疲れを癒すはずが、ついつい予定を詰め込みすぎて、ハードなスケジュールに暴飲暴食と休むはずの休暇が、旅疲れに食べ疲れしていないだろうか。そんな人にオススメしたいのがリゾート気分を味わいながら心身を浄化できる、アーユルヴェーダ滞在型施設での休暇だ。前回取り上げた、パンチャカルマを実際に体験したい人のために、スリランカにある本格的なアーユルヴェーダ体験ができるリゾートホテルを紹介したい。

アーユルヴェーダ・リゾートホテルでの基本の過ごし方

アーユルヴェーダ・リゾートに到着したら、まずドクターの問診を受け、自分のドーシャを診断。
問診のときに自分が悩んでいる症状や滞在の目的を伝え、それにより自分にあった滞在中の治療法や食事のメニューを組んでもらえる。
基本の1日のスケジュールは、朝にヨガ→朝食→トリートメント(オイルマッサージや薬草の蒸気バスなど)→昼食→自由時間→午後のトリートメントや瞑想→夕食→就寝という流れ。食事は基本菜食(たまに魚がでる)で、アルコールやタバコもNG。飲み物は基本的に白湯で冷たいものは避ける。また、自分の症状にあった薬を処方され毎日飲む。施設にもよるが、体を冷やすエアコン、脳や目を休ませるために、テレビ、インターネットは基本ない。アルコールを提供するホテルやエアコンがあるホテルもあるので、自分の過ごし方にあったホテルを選ぶことをすすめる。

スリランカ初の本格的アーユルヴェーダ・リゾートで極上の癒しを体験

バーベリン・リーフ・アーユルヴェーダ・リゾート

Image title

所在地:Barberyn Reef Hotel, Beruwala, Sri Lanka
URL:http://www.barberynresorts.com/japan/reef/
空港からの所要時間:コロンボ空港から車で2時間半(送迎あり)

  • オススメポイント日本語が話せるスタッフがいるので、英語に自信がない人でも安心して医師に自分の症状を伝えられる。また、施設内に図書室があり日本語の本も充実。ホテルでのアクティビィティーも充実しているので、スリランカ観光もできる。屋外プールがあるので水着着用が必須。
  • ホテル詳細スリランカ初の本格的アーユルヴェーダ・リゾートとして、外国人旅行者向けに施術を始めた施設。リゾートの敷地全体に並ぶ客室は、どれも海から15メートル以内に建てられ、ロケーションも抜群。マッサージに使うハーブオイル、薬、食事などはすべて個人に合わせた内容で、食事に使われている野菜はすべて自社農園からのオーガニック野菜という施設のこだわりぶり。ダイエット希望者には食事の量やメニューを調整してくれる。また、アーユルヴェータ治療をより効果的にするために、ヨガや瞑想、鍼治療を取り入れている。特にヨガには力を入れているので、ヨガに興味がある方にオススメ。よりリゾート感を求めるなら、同じ系列が運営する、バーベリン ビーチリゾートもオススメ。

緑に囲まれたヒーリングリゾートでアーユルヴェーダを体験

ツリー・オブ・ライフ

Image title

所在地:Yahalathenna,Kandy,Sri Lanka
URL: http://www.hoteltreeoflife.jp/
空港からの所要時間:コロンボ空港から車で3~4時間(送迎あり)

  • オススメポイント長期滞在が難しいという人でも、宿泊なしでアーユルヴェーダの施術を受けることができる。バーベリンと同様にオーガニック野菜農園があり、また屋外にプールもある。運営が日本の会社ということもあり、日本人向けのきめ細かいサービスが人気。
  • ホテル情報日本のハーブ&アロマ専門店「生活の木」がプロデュースしたリゾート。古都キャンディの中心地から車で約20分ということもあり、主要観光スポットへのアクセスもよい。ホテルは木々に覆われた小高い山の上にあり、周囲は木々と紅茶畑のみといった景観、また夜は満点の星空を鑑賞することができる。ドクターと専門スタッフによる本格的なトリートメントや季節の野菜をふんだんに使った食事が楽しめる。日常の喧騒から離れ、緑豊かな自然の中で五感を研ぎ澄まし、心身を休ませる癒しの時間が待っている。

長期休暇の予定がまだ決まっていない、最近何だか疲れがとれない。そんな人はいつもとは一味違う休暇、海外でアーユルヴェーダを体験してみてはどうだろうか。帰国した時、心身の変化に驚かされる、そんな嬉しい体験が待っているかもしれない。

取材・執筆 :

行ってみたい?

0 0
リゾート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Keywords

Back Numbers

  • DRONE RACE
  • AI
  • DRONES
  • Motoaki Saito
  • Biohack
  • FUTURE LIFE
  • Singularity World
  • WORK