Q

生命らしさへの挑戦ーー新作アンドロイド「オルタ」発表

人間に似たアンドロイドは人間に近い存在感を持つ。大阪大学の石黒教授が開発したマツコロイドなどはまさにそうしたアンドロイドだ。しかし、人間としての見かけだけが人間らしさを表現できるのか。見かけだけではない要素が人間らしさを生み出すことはできないのだろうか。こうした疑問に石黒教授の研究チームと東京大学の研究チームがタッグを組み、アンドロイドの「動き」によって人間らしさへ挑戦した。

「オルタ」は誰も想定できない

7月29日、東京・お台場の日本科学未来館でアンドロイド「オルタ」の一般公開が開始された。「オルタ」は”生命らしさ”をとことん追求したアンドロイドだ。あえて見た目を顔以外は機械むき出しにし、動きの複雑さによって生命らしさを表現した。

開発は大阪大学石黒研究室と東京大学池上研究室が共同で行った。アンドロイドの開発で有名な石黒教授のチームはロボット作りをカオス理論の研究で有名な池上教授のチームは「オルタ」の制御システムの部分を担当した。

今回の開発で特に面白いのはアンドロイドの動作を開発者を含む誰もが想定できないことだ。通常のアンドロイドは動作や発言のすべてがプログラミングされ、パターン化されている。「オルタ」はその場の雰囲気や熱気、ユーザーの声など複数の要素に応じて自発的に動きが創造される。

人間に似ていないアンドロイドを観察すると人間の身に何が起こるのか。

以前、『Catalyst』では自分とそっくりなアンドロイドと共生したとき、人間の身に何が起こるのか「ロボットと人間の未来」について石黒教授と『Catalyst』監修役の渡辺が対談を行った。実際、アンドロイドとの共生経験者の石黒教授は、自分にそっくりなアンドロイドは自身のアイデンティティだというー。そして共生していくなかで自分を客観視するようになったそうだ。

見かけの類似度から生まれる感情やそれに伴って変わる行動を体験した彼だからこそ、見かけ以外で人間はどう感じるのかという疑問が生まれたのではないだろうか。

「オルタ」は7月30日〜8月6日の1週間、日本未来科学館に展示される。展示中も会場で開発を続け、来場者の意見を聞きながらより人間らしさを追求していく。


価値観を変えるシゲキメディア

TAGS

SHARE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『Catalyst』をフォローしよう!